皮膚科の脱毛はエステよりも効果大

皮膚科で行われている脱毛方法と費用

 

皮膚科で行っている脱毛は、ほとんどが医療レーザー脱毛です。

 

医療レーザーは、毛根にレーザーを照射することで脱毛効果を発揮する脱毛方法です。
レーザーは、脱毛以外にもほくろ除去やしみ除去などさまざまな施術で使われています。

 

医療レーザーは、出力が強いので若干の痛みはあります。
しかしかなりの脱毛効果を期待することが出来るでしょう。

 

一年ほど施術を受ければ、かなりの脱毛効果を実感できるのではないでしょうか。

 

また、レーザーは一度に広範囲に照射が可能な部分もメリットもひとつでしょう。

 

しかし、医療レーザーは価格がネックだといわれています。

 

場所によって費用は異なりますが、脇脱毛の場合は脱毛完了までの20.000円から50.000円ほど、両足両腕の場合は100.000円前後かかるとも言われています。

 

全身脱毛を行う場合は300.000円前後かかってしまうでしょう。

 

そのため値段がネックで医療脱毛に通うことが出来ないともいわれています。

 

 

皮膚科では、医療レーザー以外にもニードル脱毛を行っているところもあります。

 

ニードル脱毛はとても細い電気針を毛根に差し込むことで毛根を焼ききり脱毛効果をもたらす脱毛方式です。

 

ニードル式脱毛は、とても激しい痛みを伴います。
熱のある針を直接毛根に刺すので仕方がないでしょう。

 

また、毛根一本一本に針を刺すので時間もかかります。

 

高い脱毛効果を実感することは出来ますが、火傷をする可能性もある危険な脱毛方法といってよいでしょう。
ニードル脱毛も永久脱毛に分類され、皮膚科などでしか受けることは出来ません。

 

そんなニードル脱毛は時間単位もしくは本数単位で施術を行っている病院がほとんどです。

 

1本1.000円もしくは15分5.000円〜15.000円が主流でしょう。
決して安い金額ではありません。

 

これにさらに初診料、カウンセリング量、血液検査費用や麻酔費用などがかかる場合があります。
一般的に脱毛の施術で麻酔を行うことはありませんが、ニードル脱毛は痛みが強い脱毛なので、麻酔をして施術を行う病院もあります。

 

そのためトータル費用は通常のレーザー脱毛よりも高くなってしまうのではないでしょうか。

 

このように、ニードル脱毛にはデメリットがたくさんあります。
これらの理由から、現在皮膚科ではレーザー脱毛が主流となったのでしょう。

 

エステサロンの脱毛との違い

 

最近は脱毛サロンがどんどん増えてきましたね。

 

テレビCM、電車の広告、ネット上でもさまざまな脱毛サロンを見かけます。
脱毛専用サロンはもちろん、普通のエステサロンでも脱毛の施術を行っているところがあります。

 

エステサロンの脱毛と皮膚科の脱毛には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

まず、医療機関は「脱毛専用」で行っているところはほとんどありません。
そのため、美容外科や皮膚科施術のついでに脱毛を行っているのでしょう。

 

脱毛に慣れていない医師もたくさんいます。

 

しかし、脱毛サロンは違います。

 

脱毛サロンは、脱毛専用で行っているところがとても多いのです。
脱毛が主流なのでエステティシャンは全員脱毛のプロであり、円滑で的確な施術を行ってくれます。

 

また、病院の場合は初診料やカウンセリング代金がかかる場合もありますが、エステサロンは初診料などはかかりません。
入会金がかかるサロンもありますが、最近の脱毛サロンは入会金初回費用などが一切かからないサロンが多いでしょう。

 

しかし、脱毛方式はエステサロンと皮膚科ではまったく違います。

 

どちらも照射し脱毛効果を発揮する、という手順は同じですが、照射する器械が違うのです。

 

皮膚科と違い、脱毛サロンではフラッシュ脱毛を使用して脱毛を行っているサロンがほとんどです。
フラッシュ脱毛器が決して悪いわけではありませんが、レーザー脱毛に比べると効果は格段に下がるでしょう。

 

フラッシュ脱毛は短時間で広範囲に照射できるというメリットがあり、そのおかげで脱毛費用も脱毛サロンのほうがずっと安いのです。

 

このように、脱毛サロンと皮膚科の脱毛にはさまざまな違いがあります。

 

 

脱毛するなら皮膚科かエステサロンか

 

皮膚科とエステサロン、どちらで脱毛をしたほうが良いのでしょうか?

 

これは、何に重点を置くのかによって異なります。

 

まず、出来るだけ早く脱毛を終えたいのであれば医療機関のほうが良いでしょう。

 

医療機関は医療機関でしか使用できない特別な機械をしようしています。
そのためエステサロンでは行えないような施術を体験できるでしょう。

 

照射パワーが強く、エステサロンよりも早い段階で施術が完了します。
そのため、速さで選ぶのであれば医療機関が一番です。

 

 

次に料金です。

 

予算に余裕がないから安く脱毛をしたい、そんな時にはエステサロンのほうが良いでしょう。

 

最近は脱毛専用のサロンが増え、値段もどんどん下がってきています。
脱毛のみに重点を置いているので施術も円滑ですし、エステサロンの脱毛は短時間で広範囲の照射が可能なのです。

 

そのため一度の多くの方の施術が出来るため、価格もどんどん下がっています。

 

たとえば脇のみ脱毛したいのであれば、エステサロンなら数千円。キャンペーンを利用すれば1.000円以下で施術が出来るサロンもあるほどです。
もちろん脇以外の部位も、医療機関に比べればずっと安い金額で施術を受けることが出来るでしょう。

 

エステサロンは値段は安いですが、効果を実感できるまでには回数が必要です。
そのためトータル的に見ると変わらない、という意見もあります。

 

しかし、量を減らしたい、完全脱毛じゃなくていいという場合は、エステサロンでも問題はないでしょう。

 

 

痛みも脱毛サロンを選ぶ上で大切ですよね。

 

まったく痛みを感じない脱毛はほとんどありません。

 

もちろん腕など毛の細い部分はほとんど傷みはありませんが、脇や顔、ひざ下などはエステサロンでも、医療機関でも痛みを感じてしまうでしょう。

 

どちらのほうが痛いのかというと、レーザーのほうが痛いという意見が多いでしょう。
しかし痛ければ痛いほどしっかりと照射されている、ということとなります。

 

また、脱毛は毛が細くなればなるほど痛みを感じにくくなります。
そのため脱毛を続けていればどんどん痛みは軽減されていくのです。

 

一度我慢すれば、次はもっと痛みが和らぎます。

 

この点を考えると、痛みの強さはそこまで重視をすることはないでしょう。

 

 

通いやすさも大切ですよね。

 

脱毛となると、1ヶ月から3ヶ月おきに通わなければいけません。
一度では脱毛は完了しないから当然でしょう。

 

立地の悪いサロンだと、通うのが面倒になってしまう可能性があります。

 

この点は、エステサロンのほうが良いのではないでしょうか。

 

最寄の皮膚科で施術を行っている場合もありますが、評判の良い皮膚科でなければきちんと脱毛を行うことは出来ないでしょう。
ほかの施術のついでにレーザー脱毛を行っている病院も多く、脱毛施術に慣れていない可能性があります。

 

しかし脱毛サロンは脱毛を主に行っているサロンなので安心してお任せすることが出来ますし、さまざまな場所に店舗があります。
脱毛サロンの種類も多く、自分好みのサロンを選ぶことが出来るでしょう。

 

立地のよさで選ぶのならエステサロンが一番です。
通いやすいサロンを選ぶことが出来ますし、万が一引越しなどがあったときは店舗変更もしくは解約にもすぐに応じてくれます。

 

 

最後に安全性です。

 

脱毛は肌にレーザーやフラッシュを照射します。
安全性のないところで施術を受けるとやけどになったり、炎症になったり、肌トラブルが発生する可能性があります。

 

そのため安全性は重視したほうが良いでしょう。

 

安全面ではやはり病院が一番です。
医療機関で看護師が処方してくれますし、事前に医師によるカウンセリングもあります。

 

病院での施術なので、万が一トラブルが発生したときも安心ですよね。

 

エステサロンも、最近は病院と提携していて万が一トラブルが発生したときはかかりつけの病院にお願いをすることが出来る場合が多いです。
しかしあくまで提携しているだけであり、エステサロン内に医師はいません。

 

万が一のことを考えると、医療機関のほうがよいでしょう。

 

 

皮膚科、エステサロン、どちらも捨てがたい選択肢です。

 

しかしここにひとつ「家庭での脱毛」を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

家庭での脱毛は、自宅で好きなタイミングで施術が出来るので効果も実感しやすく、値段もとても安いです。
出力を自分で調整できるので痛みを感じたらすぐに出力を下げることが出来ます。

 

自宅で行うので立地面、予約のとりやすさや時間などの問題もありませんし、家庭でも使えるように開発した機械なので安全性も高いです。

 

家庭用脱毛器も、とてもお勧めの脱毛方法でしょう。

 

特典満載!トリア公式HP↓