家庭用脱毛器の痛みが気になる

脱毛が痛いのはなぜ?

 

脱毛 痛み

 

脱毛といえばレーザー脱毛、フラッシュ脱毛。
他にも毛抜き、除毛器、ブラジリアンワックスなどがあります。

 

どの脱毛にも言えることですが、とにかく痛い!!

 

場所によって、方法によって痛みの違いはありますがとにかく痛いです。

 

なぜ脱毛は痛みが生じるのでしょうか?

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、毛根にレーザーやフラッシュを照射することで脱毛効果を発揮します。

 

基本的に、これらの光はメラニン色素、つまり髪の毛にしか反応しません。
毛や毛根自体に痛覚はないので、普通に脱毛をしていれば痛みを感じることはないでしょう。

 

しかし、脱毛の熱は毛根を通じて肌にも反応します。

 

毛根を照射するほどの熱です。決して些細な熱ではないでしょう。
そのため毛根から伝わる熱が痛みをとして感じるのです。

 

普通に痛みを感じるだけならもっと痛いので、脱毛の痛みや威力って本当にすごいんですね。

 

また、部位によっても痛みは違います。

 

脇脱毛はかなり痛い、ハイジニーナ脱毛はこらえきれないほど痛い。
でも、腕やふとももはそこまで痛くありませんよね。

 

エスティシャンによると、背中や太ももは脱毛中に眠る人がいるほど痛みを感じにくいみたいです。

 

なぜかというと、毛根の強さでしょう。

 

毛が濃く多い部分は、どうしても熱も伝わりやすく、一度にたくさんの部位に熱が伝わります。
そのため痛みを強く感じるのでしょう。

 

逆に毛が細いと熱が伝わる量も少ないです。
その分、毛が濃いほうがより早く効果を実感することが出来ます。

 

 

ブラジリアンワックスや毛抜き、除毛器の痛みは純粋な毛を抜いたときの痛みです。
無理やり引っ張っているのでどうしても痛みを感じてしまうのでしょう。

 

 

痛くない脱毛は存在するの?

 

はっきりいうと、痛みを感じない脱毛はありません!

 

しかし、痛みの感じ方や痛みの強さによっては、まったく痛みを感じない程度の脱毛は存在します。

 

まずは痛みの強さについてです。

 

脱毛に分類されるものは、強さは違えど何かしらの痛みは感じるはずです。
なぜなら毛根を伝わって熱が生じ、その痛みが直接皮膚に届くので仕方がないでしょう。

 

しかし、毛根の太さ、黒さによって痛みは異なります。

 

また、痛みを感じやすい部位ってありますよね。

 

脇などは毛も太いので痛みを感じやすいです。

 

ハイジニーナはデリケートな部分ですしもともとの毛も濃く、また皮膚が色素沈着を起こしている方も多いでしょう。
脱毛の痛みは色が白ければ白いほど、メラニン色素がなく痛みを感じにくいといわれています。

 

逆に色素沈着している部分は痛みを感じやすいのです。

 

そのためハイジニーナは特に強い痛みを感じるでしょう。
ハイジニーナ脱毛で痛みを感じない人はほとんどいません。

 

メラニン色素に反応するから、日焼けをしていると脱毛をすることが出来ないのです。
日焼けした状態で脱毛をすると、メラニン色素に反応して皮膚全体が痛みを感じたり光が照射されてしまいますからね。

 

顔の毛はうぶ毛程度の方が多いですが、顔は痛みを感じやすい部分なので他の毛が薄い部分と比べると、痛みを感じやすいかもしれません。

 

逆に言うと、腕などは毛が細いため、ほとんど痛みを感じないという方が多いでしょう。
まったく刺激がないというわけではありませんが、我慢出来る程度の痛みです。

 

 

痛みの強さはもちろん、痛みの感じ方も違います。

 

注射の針でさえ、痛いと感じる人もいればまったく痛みを感じない人もいますよね。
脱毛だって、痛みを感じやすい人と感じにくい人では違います。

 

そのため、痛みに弱い人であれば些細な痛みでもすぐに反応をしてしまうでしょう。

 

しかし安心してください。
脱毛の痛みは、回を増すごとにどんどん軽減していきます。

 

毛根が太ければ太いほど痛みが生じやすいので、回数を重ねて毛根が細くなれば、それだけ痛みも感じにくくなりますよね。

 

痛みに弱いという人も、次の施術では今よりもっと痛みが弱まっている!と思えば耐えられるはずです。

 

 

最近は脱毛技術も進化し、どんどん痛みを軽減した脱毛が増えてきました。
エステサロンの施術だとジェルを塗ったり冷やしたりと痛みを軽減する処方をたくさん行ってくれます。

 

痛みが弱いという人でも、まずは脱毛にチャレンジをして見ませんか?
痛みが苦手という人は、事前に話せば出力を弱めて施術をしてくれるでしょう。

 

脱毛の痛みを軽減する方法

 

痛みは我慢できる、脱毛の痛みは一瞬だけだ。

 

とはいっても痛いのって怖いですよね?

 

痛みが不安な人は、脱毛の痛みを軽減する方法を試してみましょう!

 

まずは睡眠。

 

睡眠をしっかりととることはとても大切です。
痛みを軽減するにはリラックスするのが一番。

 

たっぷりと睡眠をとって脱毛に挑めば、リラックスして痛みが軽減されるでしょう。

 

逆に疲れていたり、寝不足だったり、二日酔い、体調不良などのときは神経が研ぎ澄まされて痛みを感じやすくなるといわれています。

 

 

カフェインも注意が必要です。

 

カフェインには覚醒効果がありますよね。
神経が覚醒されると痛みにも敏感になってしまいます。

 

コーヒーなどは、施術が終わってから飲むようにしてください。

 

 

保湿をすることはとても大切!

 

脱毛前後は保湿をしっかりと、といいますよね。
施術後には保湿をしっかりとしてくださいといわれるはずです。

 

保湿をすることで、肌のバリア機能がアップします。
このおかげで痛みを若干軽減することが出来るのです。

 

保湿をすることで、脱毛後のトラブルを防ぐことも出来ます。

 

 

最近は、エステサロンや病院が痛みを軽減するためにさまざまな処方を行ってくれる場合があります。

 

たとえば事前のジェルや冷却。

 

ジェルで保湿をすることで、バリア機能を発揮し痛みが弱まります。
また、冷却をすることで一時的に神経が麻痺して痛みを弱めてくれるでしょう。

 

万が一我慢できない場合は我慢せずに相談をしてください。
そのときは、出力を弱めてくれるでしょう。

 

病院で脱毛をする場合は、麻酔クリームなどをしてから脱毛を行う場合があります。
麻酔クリームは普通の麻酔ほどの効果はありませんが、痛みをかなり軽減することが出来るでしょう。

 

脇やハイジニーナなど痛みを感じやすい部分は、麻酔の処方をお願いしてみると良いかもしれませんね。

 

 

それでも痛みが怖い!

 

そんな人は、自分で脱毛をすると良いかもしれません。

 

エステティシャンも看護師も、施術として脱毛を行います。
そのためいくら痛がっても施術を最後までやってくれるでしょう。

 

でも、自分のペースではなくさっさっさっと脱毛されるのはちょっと怖いですよね。

 

自分で脱毛をすれば、自分のペースで脱毛が可能です。
痛みに備えることも出来る、痛いなって思ったら途中で休むことも出来る。

 

たっぷり冷却をして痛みを止めてから脱毛をすることだって可能です。

 

照射量だって調節可能だから、痛みを極力抑えて脱毛をすることが出来るでしょう。

 

本当に痛みが怖い、不安だという人は、家庭用脱毛器という選択も良いかもしれませんね。

 

特典満載!トリア公式HP↓