レーザー脱毛器の定義

レーザー脱毛とはどんな脱毛なのか

 

レーザー脱毛 病院

 

今現在行われている脱毛方式は、ほとんどがレーザーかフラッシュです。

 

これは、家庭用でもサロンでも同じでしょう。

 

この2種類が主流で、ほかはあまり効果が実感できない、デメリットがたくさんある、痛みが強いなどの理由で普及されていません。

 

では、「レーザー脱毛」とはどのような脱毛のことを言うのでしょうか?

 

レーザーは、黒い色素にのみ反応します。
そのためレーザーを照射すると、黒い毛根や肌内部の毛にのみ反応し、毛は熱を持ち、周囲に広がっていきます。
このおかげで毛を育てている毛母細胞が破壊されて、残った毛が徐々に抜け落ちていくのです。

 

レーザーは、黒い部分にのみ反応します。
そのため肌に負担をかけることなく、毛にのみ照射をすることが出来るでしょう。

 

特に医療レーザーは毛母細胞をきちんと破壊してくれるので、かなりの脱毛効果を実感することが出来ます。

 

基本的に、レーザー脱毛はうぶ毛は脱毛しにくいといわれています。
なぜなら毛が濃ければ濃いほどレーザーは反応し、薄い毛であればそれだけ効果を実感しにくいからです。

 

しかし最近はレーザーの技術も進み、細い毛でもレーザー脱毛効果を実感することが出来るようになりました。

 

レーザー脱毛は医療機関でしか行うことが出来ない医療行為であり「永久脱毛」に分類されます。
永久脱毛を行えるのは、今はレーザーがほとんどです。

 

ほかにも医療機関ではニードル脱毛(ハリ脱毛)が行われていましたが、ハリ脱毛は痛みが強く時間もかかるなどデメリットが多すぎるので、レーザーが主流となありました。

 

確実な脱毛効果を実感したいのであれば、レーザー脱毛が一番です。

 

エステサロンで永久脱毛は出来ない?

 

エステサロンで行われている脱毛は、レーザー脱毛ではありません。

 

レーザー脱毛はあくまで医療行為なので、医師のいないエステサロンでは施術を行うことが出来ないのです。

 

そのためエステサロンでは基本的にはフラッシュ脱毛を行っています。

 

フラッシュ脱毛は、あくまで「半永久脱毛」です。
永久脱毛として認められているのは「レーザー脱毛」のみなので、エステサロンでは永久脱毛を行うことは出来ないでしょう。

 

半永久脱毛でも、永久脱毛に近い効果を実感できるとは言われています。
しかし実際に脱毛効果を比べてみるとレーザー脱毛のほうが持続性も効果を実感できるスピードも断然上です。

 

そのため、どちらかで悩んだときは、レーザー式の脱毛を選ぶと良いでしょう。

 

日本国内ではレーザー脱毛もフラッシュ脱毛も「脱毛」に分類されていますが、欧米では脱毛の定義はもっと厳しいといわれています。

 

そのためエステサロンなどの半永久脱毛は「脱毛」ではなく「除毛」に分類されているのです。
海外では脱毛ですらありません。

 

このことから考えても、やはり脱毛の施術を受けるのであれば「永久脱毛」を受けることが出来る「レーザー脱毛」が一番なのではないでしょうか。

 

自宅でレーザー脱毛はできるのか

 

最近はやりの家庭用脱毛器。

 

エステサロンなどにいくのが面倒!格安で全身脱毛したい!なんて人には嬉しいアイテムですよね。
家庭用脱毛器といってもさまざまな種類があります。

 

しかし、現在国内で販売されている家庭用脱毛器のほとんどは、フラッシュ式脱毛器です。
そのためあくまで「半永久脱毛」であり「エステサロンと同じような効果」しか実感することが出来ません。

 

けれどもトリアは違います。

 

トリアは「国内唯一」に「家庭用永久脱毛器」であり、「家庭用なのにレーザー脱毛」を行うことが出来るのです。
これなら高い脱毛効果を実感することが出来ますよね。

 

トリアなら、自宅でもレーザー脱毛は可能です。

 

もし自宅での脱毛を考えているのであれば、効果は高いほうがいいですよね。

 

医療機関のレーザー脱毛はエステサロンの脱毛よりもずっと金額は高いでしょう。
しかしトリアは一般的に販売されている家庭用フラッシュ脱毛器と値段はほとんど変わりません。

 

これなら家庭用脱毛器の購入を考えている人なら気軽に購入をすることが出来るでしょう。

 

トリアは、本当におすすめしたい家庭用脱毛器なのです。

 

特典満載!トリア公式HP↓