脱毛が原因で肌が黒ずむことも

セルフ脱毛で肌が黒ずむのはなぜ?

 

脱毛

 

女性の方ならお風呂でのセルフ脱毛なんて当たり前、という方も多いでしょう。

 

ですがこのセルフ脱毛にはリスクもたくさんあります。

 

そのうちの一つが黒ずみです。

 

特にセルフ脱毛により黒ずみができてしまうという方も少なくはありません。

 

ではなぜセルフ脱毛だと黒ずみができやすくなってしまうのでしょうか。

 

まずセルフ脱毛の方法にも原因があります。

 

セルフ脱毛で使用するカミソリは一番黒ずみができやすく、肌へのダメージも多いいのです。

 

できてしまった黒ずみは簡単には消えません!黒ずみを作らない脱毛とケアが大事です。
詳しくはこちらをご覧ください→脱毛でできた黒ずみ

 

カミソリは毛だけではなく、皮膚まで削ぎ落としてしまうため肌に大きな刺激を与えてしまいます。

 

肌は紫外線だけではなく刺激によってもメラニン色素が作られてしまうため、黒ずみができやすくなるのです。

 

特に毎日カミソリを使用していると黒ずみが消えることなくどんどん悪化する場合もあるでしょう。

 

また毛抜きでも黒ずむこともありますし、ワックス脱毛や除毛剤でも黒ずみができる可能性はあります。

 

セルフ脱毛は肌への刺激がとても強いため、どうしても黒ずみができやすくなるのです。

 

ですがやっぱりセルフ脱毛派が多いのも事実です。

 

セルフ脱毛でも黒ずみができないような方法もあるので、肌に刺激を与えすぎないように、また刺激を与えてしまった後もアフターケアで黒ずみができないように予防しましょう。

 

 

他にもある黒ずみの原因

 

 

セルフ脱毛で黒ずみができてしまうことはよくありますが、それ以外でも黒ずみができる原因はたくさんあります。

 

特に紫外線量の多い日やたくさん日焼けをしてしまった日があれば、その後黒ずみができてしまう場合があります。

 

日焼けによる黒ずみは紫外線により皮膚のメラニン色素が大量に作られ、肌のターンオーバーでも色素を排出することができなくなり黒ずみができてしまうのです。

 

他にも服の擦れなどで黒ずみができる場合もあります。

 

皮膚は刺激を受けるとメラニン色素が生成されます。

 

下着などの擦れでも黒ずみができてしまう可能性があるので、きつい下着や刺激のある服を身につけるのは控えるようにしましょう。

 

また服だけではなく普段から膝をついたりすることなど、皮膚が何かしら刺激を受ける状態であると黒ずみができてしまいます。

 

一時的な刺激であれば黒ずむことはありませんが、普段から刺激を受けるような状態であれば黒ずみができるでしょう。

 

なかなか普段の生活状況を変えるということも難しいかもしれませんが、刺激を受けないようにすることで黒ずみは予防できます。

 

またセルフ脱毛以外でも黒ずみができる原因は日常生活にもたくさんあるのです。

 

肌にとって負担になっていないかなどチェックし、負担になっていれば緩和させられるようにし黒ずみがひどくならないように、また新たに作られないように気をつけましょう。

 

 

 

黒ずみを作らない脱毛方法とは?

 

 

黒ずみができてしまう脱毛方法は主に肌の刺激が強い方法となります。

 

特にカミソリなどは肌に強い刺激を与えてしまいますし、頻繁に使用することも多いので黒ずみが悪化してしまう可能性もあります。

 

黒ずみを作らないためにも、黒ずみができない脱毛方法を行うようにしましょう。

 

まず黒ずみができない脱毛といえば一番良いのが自己処理しないことです。

 

ワックス脱毛や除毛剤も肌にとってはとても負担がかかる方法となります。

 

毛抜きも肌を傷つけ毛穴が広がる原因となるのでよくはありません。

 

できればプロに任せる方法が一番良いので脱毛サロンなどを利用しましょう。

 

脱毛サロンでもレーザーの場合には照射パワーも強いので黒ずみができる可能性があります。

 

光脱毛なら比較的易しいので、あまり黒ずむということもないでしょう。

 

ただ光脱毛でも黒ずむ方もいます。

 

そういう時は光脱毛でも美肌コースなどにすれば黒ずむ心配も減らせることができます。

 

最近では光脱毛の技術が大幅に上がったため、脱毛しながら美肌になるような方法もあります。

 

できるだけ肌に負担のかからない方法で脱毛することが望ましいため、一番良いのはプロにお任せすることが良いでしょう。

 

セルフ脱毛で黒ずみに悩んでいるのなら、そろそろ脱毛サロンの利用なども考えましょう。

 

特典満載!トリア公式HP↓