セルフ脱毛はトラブルが多い

毛抜きやカミソリトラはブルが多い!

 

毛穴

 

ムダ毛ケアは女性にとって肌ケアと同じく重要な日課となっている美容の一つでもあります。

 

そのため毎日何かしら自己処理を行なっている方も少なくはありません。

 

ですがセルフ脱毛には大きな肌のトラブルを生む落とし穴がたくさんあるのです。

 

まず一番よく使用されているカミソリや毛抜きでのムダ毛処理、こちらは使い方さえ守れば大丈夫と思っている方も多いでしょう。

 

実はこれらで行うムダ毛処理は埋没毛になってしまう可能性がとても高いのです。

 

まず埋没毛は何かしら皮膚に原因があり外に出られなかった毛が皮膚の中で成長し続けてしまい、ほとんどの場合に炎症を引き起こしてしまうのです。

 

そしてその原因となっているのがカミソリの使用や毛抜きの使用です。

 

カミソリを使用すると皮膚には傷がついたり乾燥したりなど肌に負担がかかってしまうため、肌表面が硬くなったりして毛穴がふさがってしまい怪我外に出られない状態になりやすくなります。

 

毛抜きの使用でも、無理やり毛を抜くことで毛穴が痛んでふさがってしまったりする場合もあり埋没毛になりやすくなってしまいます。

 

簡単で手軽なカミソリや毛が残らない毛抜きはムダ毛処理には重宝されているグッズですが、埋没毛などの大きなトラブルの原因となる可能性も高いので使用には注意が必要です。

 

埋没毛にならないように、肌ケアもきちんと行なってから使用しましょう。

 

できてしまった埋没毛はどのようにケアしたら良いでしょうか?
詳しくはこちらをご覧ください→埋没毛のケア

 

埋没毛になる可能性

 

 

カミソリや毛抜きを使用すると埋没毛になる可能性がありますが、決して必ず埋没毛になってしまうということはありません。

 

ではどのような使用方法であれば埋没毛になる可能性が出てくるのでしょう。

 

まずカミソリの場合ですが、使用する前に必ずソープなどの泡で肌を守るようにしているでしょうか。

 

そのままの状態であったりきちんと保護されていない状態であれば肌はとても傷ついてしまい埋没毛になる可能性がかなり上がってしまいます。

 

また使用後は必ず保湿を行わなければ肌が乾燥し硬くなりやすくなるため、埋没毛になりやすくなってしまいます。

 

使用前と使用後必ず保護と保湿を心がけて使用するようにしましょう。

 

また毛抜きの場合は、毛を抜く際に毛穴を広げるように温めてから使用しましょう。

 

毛穴が閉じた状態で無理やり引き抜くと、毛穴が広げられたり傷んだりする場合があります。

 

そして毛を抜いた後も、毛穴を冷やしてあげたり保湿しなければ傷んだ状態が続きます。

 

毛穴も何かしら負担がかかってしまうと硬くなる可能性もあり、そうなってしまうと埋没毛になりやすくなるでしょう。

 

カミソリも毛抜きもこのような状態で使用すれば埋没毛になる可能性もより高くなってしまいます。

 

できるだけ使用前と使用後のケアを行い埋没毛を防ぐようにしましょう。

 

 

皮膚炎の危険性

 

 

埋没毛になるとそのまま皮膚の中で毛が成長してしまいます。

 

ですが実はそれだけではありません。

 

埋没毛になった後、無理やり皮膚の中で成長するため、ほとんどの場合が炎症を起こす危険性があるのです。

 

これは伸びた毛が皮膚を刺激するために起こるもので、ニキビのような炎症となってしまうのです。

 

この炎症を放っておくとより酷い状態になってしまう危険性もあります。

 

下手に潰してしまうことで新たに菌が入り込み、化膿してしまうこともあるでしょう。

 

このように埋没毛は皮膚炎になってしまう危険性があるのです。

 

あまりにもたくさんできたり、常に炎症が起きるようであれば一度皮膚科に行って薬などを処方してもらう必要も出てくるでしょう。

 

他にもこの脱毛方法が皮膚には強い刺激となっている可能性があります。

 

脱毛方法を変えるなどの対策を取る必要があるかもしれません。

 

またできてしまった皮膚炎が治ったと感じても、まだその中に毛が残っていれば再度炎症が起こる場合もあるでしょう。

 

そうなると毛を出さない限り炎症が続くかもしれません。

 

毛を出して炎症が治まった後も、黒ずみになる原因となる場合もあります。

 

このように皮膚炎の危険性もある埋没毛、あまり甘く見ていると炎症が思っている以上に酷くなることもあるので気をつけなければならないのです。

 

 

脱毛後のケア

 

 

埋没毛にならないようにするためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

まずは一番に脱毛後のケアが重要となってくるのです。

 

脱毛後の肌はとても乾燥していて、傷んだ状態となっています。

 

このまま放置してしまうと皮膚が硬くなり埋没毛ができる可能性が高くなります。

 

まずは処理をした後は必ず保湿をしましょう。

 

そして毛抜きを使用した場合には毛穴が熱を持っている可能性もあるので少しクールダウンさせてあげると良いでしょう。

 

デリケートゾーンなどは特に埋没毛ができやすい場所でもあります。

 

時々皮膚の状態を見ながら、乾燥して硬くなっているようであればデリケートゾーンやムダ毛処理を行う場所専用の保湿クリームを使用しましょう。

 

脱毛の方法によっても埋没毛ができる原因となる場合がありますが、まずは埋没毛ができないように処理後のケアを十分にしてあげることが大切です。

 

硬い皮膚が気になるようであれば、時々優去してあげるようにもしましくピーリングなどを行い、古い角質を除しょう。

 

古い角質が毛穴を塞いでしまうことで埋没毛になる可能性もあるのです。
脱毛後は放置せずに、必ず保湿を行い十分なケアをして埋没毛ができないように予防しましょう。

 

 

 

特典満載!トリア公式HP↓