体毛の濃さは遺伝だけ?実は意外な原因があった!

体毛の濃さは遺伝だけ?実は意外な原因があった!

 

親の体毛が濃いと子供にも遺伝すると言われています。

 

しかし、私自身親から遺伝したとは考えにくく、親だけではなく兄弟も体毛はかなり薄い方なのに自分だけ濃いのです。

 

ですから、両親には「なんであなただけこんなに毛深いの?」と不思議がられていますし、自分でも「なんで私だけ・・・」と悲しくなります。

 

体毛 遺伝

 

私の毛深さが子供に遺伝したら可愛そうだと思っていましたが、今のところ全くその傾向はなく、むしろ薄いくらいです。

 

このように、体毛の濃さは遺伝要素が大きいと言われていますが、必ずしもそれだけが原因ではないはずです。

 

 

体毛が濃い原因はほとんどが遺伝なのは確かです。

 

両親どちらかの体毛が濃い場合は、かなりの確率で遺伝するそうで、両親の体毛が薄くても祖父母が濃い場合は隔世遺伝することもあります。

 

これは、誰にも操作することができないため、諦めるしかありませんよね?

 

遺伝によって体毛が濃い場合は、赤ちゃんのころから背中や腕に産毛が多い、他の子よりも頭髪が多いなどの特徴があります。

 

 

中学生くらいになると自分で脱毛できるようになりますが、小さなころは肌への負担を考えると脱毛は避けたいものです。

 

しかし、体毛が濃いことでからかいの対象になるなどの心配もあり、親としては悩むところではありますね。

 

 

遺伝以外の原因

 

親や祖父母の体毛が濃くないのに、自分だけが濃い・・これは明らかに遺伝ではありませんよね?

 

一般的に体毛の濃さは遺伝が原因だと言われていますが、それ以外にも原因があるのです。

 

 

体毛の濃さはホルモンと関係があります。

 

女性ホルモンは体毛を薄くし、男性ホルモンが体毛を濃くするのです。

 

体毛は男らしさの象徴で男性ホルモンが多い証拠で、逆に体毛が薄い男性は男性ホルモンが少なく、女性よりになっている証拠です。

 

 

このホルモンは、少しの体調や心、環境の変化などでバランスを崩してしまいます。

 

女性でも元々ホルモンバランスが悪い人は、体毛が濃くなる傾向にあります。

 

妊娠や出産、ピルの服用などでも女性ホルモンは大きく変化し、減少すると体毛が濃くなり、増えると薄くなるのです。

 

体毛 遺伝

 

だからと言って男性ホルモンを最小限にし、女性ホルモンを増やせば良いとは限りません。

 

男性ホルモンも女性に必要なもので、免疫力を高めたり、骨や筋肉を丈夫にする効果があり、健康な体には不可欠なのです。

 

 

ですから、どちらか片方だけが必要なのではなく、バランスが大切なのです。

 

もし、ホルモンバランが不安定で体毛が濃くなっている場合は、バランスを整えるだけで体毛が薄くなるかもしれません。

 

 

遺伝以外の体毛の濃さを改善する方法

 

遺伝での体毛の濃さを薄くすることは、かなり難しいでしょう。

 

薄くするよりも自分に合った脱毛方法を見つけるしか方法がありません。

 

とは言っても、最近の脱毛は本当に優秀でエステだけではなく、脱毛ジェルでいたわりながらきれいな肌を手に入れることも可能です。

 

 

遺伝以外の原因は、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、睡眠不足が挙げられます。

 

実は、これらの原因はすべてホルモンバランスの乱れに直結しているため、それを解消することでバランスを整え体毛を薄くすることが可能なのです。

 

 

ストレスや睡眠不足など現代人には避けることができないことですが、平日の疲れやストレスを休日にリフレッシュして発散することで解消することができます。

 

また、女性ホルモンを増やす効果がある、豆類を多めに摂ることもおすすめです。

 

豆乳や豆腐、納豆など簡単に食事に取り入れられるものばかりなので、毎日続けることができますね!

 

ホルモンバランスが整うと、体毛が薄くなるだけではなく女性特有の体調不良もなくなり、元気な毎日が送れるようになります。

 

 

濃い薄いの差はありますが、誰でも脱毛は必要です。

 

脱毛する際は、トリアのような家庭用レーザー脱毛など、肌にあまりダメージを与えない方法できれいに処理するようにしましょう。

 

特典満載!トリア公式HP↓